胃腸炎の季節に役立つ簡単除菌液!

冬はノロウィルスなど、怖い胃腸炎の流行る季節ですね。

小さいお子さんは、上手に洗面器に吐くことができないし、急に吐いてしまうものです。

カーペットやお布団に吐いてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

 

特にマットレスなどに吐いてしまうと、洗濯もできないので困ってしまいますよね。

 

市販の除菌液も手元にあればよいけど、そう都合よくあるものでもありません。

 

そこでオススメするのが、台所にある漂白剤などを薄めて、霧吹きなどで仕様する方法です。

これが一番簡単に除菌液を作ることができます。

 

でも、薄め方って急いでいたら分からない場合がありますよね。

 

そこで、もうひとつオススメなのが、小さいお子さんがいる家庭には、必ずあると言っても良い、哺乳瓶を除菌する液です。

 

 

特にオススメしたいのが、錠剤になっている除菌タブレットを半分に割ったものを、霧吹きに入れた水に入れるだけです。

 

これなら丁度よい薄め具合にもなりますし、手も汚れません。

 

あと、嘔吐物が付いたタオルなども、バケツにお湯を入れて、錠剤を入れたものに漬け込みます。

色落ちしてしまう場合がありますが、そこは除菌優先としています。

子供がミルクを卒業した後も、このタブレット錠剤の除菌グッズは常に家に常備しています。

これなら誰でもすぐに除菌液が作れるので、オススメします。