赤ちゃんのお尻の荒れを防ぐ方法

我が子が産まれてホヤホヤの新生児だった頃、よくお尻が赤く荒れていました。

 

おむつ交換をする度に、かわいそうになりながらも、何もしてあげれずにいました。

 

新生児の頃は肌が弱いうえに、うんちを頻繁にするので、お尻を拭く頻度も多いのです!

 

そこで、夫があれこれ調べ、2つの解決法を見つけました!

 

 

①スプレー容器にお湯を入れ、スプレーシャワーを作る!

 

100均などで売られているスプレー容器を用意します。

 

そこにぬるま湯を入れ、うんちが出ている時に、そのスプレーシャワーをお尻にシュッと吹きかけます。

 

イメージとしては、うんちがスプレーシャワーで全て流れてしまうくらい、何度もシュッシュッと吹きかけるんです。

 

あとは、お尻ふきで優しく撫でるように、水気を拭き取っておしまい!

この方法で、我が子は荒れが治りました!!

 

 

②手作りお尻ふきを用意する!

市販のお尻ふきを使っていること自体が、お尻の荒れの原因となってしまうのです。

 

少し肌が強くなってくると、市販のお尻ふきでも荒れなくなってきますが、新生児の頃は、何を使っても荒れてしまうという子も多いです。

 

そこで、脱脂綿を水で浸し、手作りのお尻ふきを作ります。

 

作ったお尻ふきは、タッパーなどの保存容器に入れておきます。

 

目安としては、1日で使い切り、1日ごとに新しいものを作り、清潔を保つと良いと思います。

 

この手作りお尻ふきも試してみましたが、スプレーシャワーよりも手間がかかることが面倒で、我が家は辞めてしまいました。

 

でも、この方法でも、お尻の荒れは改善されましたよ!